2017年04月06日
マッサージベッド張替・修理事例集(23) フォンタナ(FONTANA)クワトロ25
今回は、株式会社セイヨー様、株式会社MOCO様、BH様、エンバシー様などのマッサージベッド販売店が取扱いをされているフォンタナ(FONTANA)ブランドのクワトロ25というアルミ製のフレームのマッサージベッドのマットの張替えをしました。

このベッドは、フレームがアルミの為、マットの合成皮革はタッカーを使用して留めるステイプルではなく、マジックテープでくっつけられています。 剥がしたPU(ポリウレタン)製のビニールレザーは加水分解性能が2年程と思われ、かなり劣化しています。 
新品で購入後5年経ったとのことです。

CIMG0641_s_1.jpg


お客様ご自身で、ビニールの補修テープを買って破けを覆って使われていたようですが、さすがに最近ははがれた素材がボロボロと落ちて掃除が大変とのことでした。

CIMG0642_s.jpg


四隅の立体縫製部分

お客様ご希望のお色で新たに縫製した物が下の写真です。


CIMG0644_s.jpg

ハンドルももちろんきれいに蘇ります!

CIMG0647_s.jpg

四隅の立体縫製もボロボロになったビニールレザーを剥がして、縫い目をほぐして型を取り、新品の耐加水分解10年の日本製のビニールレザーを縫って美しく仕上げました!

縫製したビニールレザーをアルミのフレームに付けて撮影した画像がこちらです!
新品以上にきれいにぴったりとはまっています!

2017041822411037147.jpg


2017041822414534094.jpg


この様に、販売店が張替のアフターフォローやアフターサービスをしていないマッサージベッドの張替も承りますので、ぜひお問合せ下さい!

日本で販売されているマッサージベッド、マッサージテーブルがどの国のどのメーカーどのように作っているか、全てを知るラベンダーヒルオーナーの増子が何でも対応いたします!


★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月21日
マッサージベッド張替・修理事例集(22) アストラライト製マッサージテーブル
都内で、フェルデンクライスメソッドをされていらっしゃるお客様より、アメリカで軽合金を躯体に使って作られている、アストラライト社製のマットが非常に硬い製品の張替えのご依頼を承りました。

【張替前の様子】  写真だと見えにくいですが、黒ずんで、表面がベトベトしています。


IMG_1591_s.jpg

IMG_1590_s.jpg

IMG_1589_s.jpg

【張替後】  マットの固さが非常に施術に大切とのことで、通常アースライト社製品の張替えでは使用していない、伸びが少なく、マットな表面で固めの日本製の高級PVCで張替をしました。 

とってもきれいになりました。


IMG_1593_s.jpg



 ★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG







 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2017年01月18日
マッサージベッド張替・修理事例集(21)フォンタナ(FONTANA)のカサブランカ
兵庫県にお住まいの男性の整体師さんからのご依頼で、FONTANA(フォンタナ)のマッサージベッド(商品名:カサブランカ)の張替えをいたしました。

マットの木枠のフレームに安価なビーチ材(ブナ材)の合板が使用されているFONTANA(フォンタナ)やNechura(ネチュラ)、ビューティーガレージのSmart Collection(スマートコレクション)、Luxia(ラクシア)などの中国製の製品は、張替の作業時に、折り畳みポータブルマッサージベッドの中央の蝶番を固定している木ネジを20本以上外して、再度付け直す為、合板の木と木の境目が割れやすくネジの強度が張替後に落ちることがありますので基本は張替をお勧めいたしておりませんが、お客様にとってはとても愛着のある施術ベッドとのことで、是非、再生して、今後も長く使っていきたいとのことで、合板の補強をして張替をしました。 
同じ新品を購入する以上のお値段での張替になりましたが、綺麗に再生させていたしました。 


【張替前の様子です】
テーブルトップのマットの擦れやすい角の部分を中心にジャングルテスト値2年のPU合成皮革は、購入後4~5年で劣化します。

IMG_1600_s.jpg

マットの角の丸くなっている部分の角のビニールレザーの色と他の部分のマットの色が若干違ってましたが、張替後はもちろん同じ色で仕上がります。

IMG_1603_s_1.jpg


【張替後の写真です】

耐加水分解10年(ジャングルテスト10年)のとてもしなやかな日本製のビニールレザーを使ってマットとヘッドレストクッションの張替が完了しました。 ご依頼のお客様も大満足とのこと、嬉しく思います。


IMG_1611_s.jpg

IMG_1613_s.jpg



★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年11月20日
マッサージベッド張替・修理事例集(20) 販売店が張替対応していない品物も張替可能です! フォンタナ(FONTANA)・ガレリアサロン
今回のマッサージベッドの張替えは、FONTANA(フォンタナ)の据置型であるステーショナリーマッサージテーブルのガレリアサロンとサロン用ベッドです。

アームレストがついて、油圧式のリクライニング背もたれ、膝の下が分割になっている、折り畳みタイプではないマッサージベッド製品です。 

張替前の写真は撮りませんでしたが、新品で購入して4年ほどとのことでしたが、表面のマットのPUレザーの劣化がとてもひどい状況でした。

お客様からのご要望もあり、膝の下の分割部分は使用しないとのことで、分割部分の隙間にウレタンのスポンジを入れて上面を平らな状態にしてマット部分を張替しました。

この製品のように、メーカーや販売店が張替のアフターサービスをしていない品物も張替や修理をすることが可能です。 


【張替後の写真です】

IMG_1564_s_1.jpg



















アーチ状のアームの張替は直線ではないため実は難しいところなのですが、きれいに仕上りました。

IMG_1563_s_1.jpg



















★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050) 
 担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年11月12日
マッサージベッド張替・修理事例集(18)アースライト社スツールとボルスターなどのアクセサリーの張替え
今回の修理はアースライト社のアクセサリー類です。

BEFORE写真は、いつものごとく加水分解で劣化したボロボロの様子ですので写真を撮りませんでしたが、ご依頼のお客様がご自身のブログにリンクを貼ってもよろしいとご連絡をいただきましたので、是非、お客様のブログをご覧下さい。 

ご依頼をいただいたお客様の藤田様のブログ → BodyTherapyNY*FLOW*


【張替後のきれいに仕上がった様子をご覧ください】


まずはフラッフィーボルスター。

IMG_1566_s.jpg


中に綿が入っており、柔らかい抱きが特徴のフラッフィーボルスターです。

アースライトのローリングスツールの座面部分。
ボロボロになった物を丁寧にほどいて、そこから型紙をおこして、より耐久性の高い日本製のPUレザーで、張替える生地を縫製して、土台に付けます。

IMG_1568_s.jpg


きれいに仕上げる為に微調整を繰り返し、ここまでキッチリと仕上がりました。

最後は胸当てのコンフォートボルスター。
ちょっと見慣れない形ですね♪

IMG_1565_s.jpgIMG_1570_s.jpg



















使い方は右の写真。本当はうつぶせで使いますが、分かりやすく立った状態で再現してみました。
うつぶせで寝た時に、胸がはまるようになっています。

ベッドだけでなく、アクセサリー類の張替も承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。


★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年10月21日
マッサージベッド張替・修理事例集(17)アースライト社製・カリストガポータブル
今回の張替の事例は、アースライト社製のカリストガポータブルです。

マットの部分に背もたれがついたり、膝を置くところが山なりに上がったりと調整できる高級マッサージテーブルです。
 
張替えるパーツは、全部で10。 全て型をとって縫製して張替えてと、通常のマッサージベッドに比べると4倍ほどの労力のかかる品物です。

張替えるパーツが何個あっても、時間がかかるだけで張替は可能です。 作業終了後の様子です。

きれいに張替を終えることができました。
IMG_1529_s_1.jpgIMG_1530_s_1.jpg











こちらは張替前の劣化具合です。
IMG_1532_s_1.jpg













きれいなって良かったですね! お客様も大満足でした★

★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年05月25日
マッサージベッド張替・修理事例集(19)アースライト・ハーモニー
今回の張替したマッサージベッドは、3代前のアースライト社製のハーモニーIIです。

ご依頼のお客様はとにかく安く張替したいとのことで、通常張替に使用してる材料より価格の低い、日本製のポリ塩化ビニール(PVC)レザーを使って、本体とヘッドレストのクッションの張替え修理をしました。

張替前はこのような状態でした。

IMG_1171_s.jpgIMG_1173_s.jpg











ここまでくると、カバーやシーツだけでは対応できませんね・・・
ボロボロと皮が床に落ちてくるレベルです。


そして、、、張替後
IMG_1219_s.jpgIMG_1216_s.jpg










ヘッドレストのクッションも同じように縫って、本体の色も変えてイメージチェンジ!!お客様の笑顔がありました!

★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年12月25日
マッサージベッド張替・修理事例集(16)加水分解以外の劣化

皆さんこんにちは!今日はクリスマスですね♪
数日前まで雨予報でしたが、12月にしては気温が暖かいですね。

さて、先日張替のご依頼があったのは、アースライト社のスピリットです。
(今のNewスピリットは角が丸いですよね。以前の角が四角いものがスピリットです)

写真をご覧ください。
このマッサージベッド、全体的にはあまり劣化しているように見えない??と思いますね。
CIMG0523.jpg













しかし、近くで見てみると確かにレザーは剥げていますが…
実はこれ、湿気が原因の加水分解による劣化ではなく、摩耗による劣化だったのです。
CIMG0519.jpg













このように、角になっている部分が擦れてレザーが剥離しています。
CIMG0520.jpg













このレザー、昔のアースライト社で使用されていたドゥラタッチというレザーです。
当時、通常のレザーのアップグレードレザーとして扱われていました。

このベッドの張替後の写真はありませんが、無事に耐久性の高い日本製レザーのベッドに生まれ変わりました♪


今年も大変ご好評をいただいたマッサージベッド張替えサービスですが、
年内製作分はもういっぱいになりました!
来年も引き続き張替サービスは続きますので、張替のご依頼・ご質問やご相談など
いつでもお問合せください♪

ラベンダーヒル町屋店Annex 柳澤


★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★(2015年10月1日現在の価格になります)
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年12月19日
マッサージベッド張替・修理事例集(15)珍しいベッドを張替えました

東京の今朝の気温は5℃、寒い朝でした。(5℃で寒いなんて北海道の方に怒られちゃいますね)
昨日メールをくださった富山県のお客様は、もう雪がチラついていると仰っていました。
日中の日差しが少しでもあると過ごしやすいですよね。
そんな時、太陽ってありがたいなぁ〜としみじみ感じます。


先日、スウェーデン製の珍しいマッサージベッドの張替をご依頼いただきました。
ベッドを折り畳んだ時に、殆どが金具で留めるのが主流ですが、このベッドは違いました。
とても珍しいので、写真付でご紹介しますね。

留める部分はこのように穴が互い違いに合わさり、ひとつになった穴に棒を刺して留めます。
CIMG0506.jpg














組み立てる前の状態です。これも上の写真と同じ仕組みでパーツを留めて組み立てます。
CIMG0507.jpg














フェルデンクライシス用のベッドとのことで、マットはかなり硬めでした。
このマットの硬さを残したいとのことで、使用したレザーは日本製最高級品のレザー!
質感としては、やや厚めのレザーで表面は本革調の高級感がありますね。
CIMG0512.jpg














全体の写真はこちらです。見づらいですが、かなり低いベッドです。
硬さを出すために、かなり強く張りました。
CIMG0515.jpg
















ステイプル(ホチキスの太い版)を打つ位置が普通のベッドと違います。
また、取っ手は一度剥がして、最後に再度固定してあります。
CIMG0518.jpg













最後にベッドのロゴです。見かけない名前ですね。
このように、巷ではあまり主流ではないマニアックなベッドも張替が可能です♪
ぜひ一度ご相談くださいませ。
CIMG0516.jpg














今年も大変ご好評をいただいたマッサージベッド張替えサービスですが、
年内製作分はもういっぱいになりました!
来年も引き続き張替サービスは続きますので、張替のご依頼・ご質問やご相談など
いつでもお問合せください♪

ラベンダーヒル町屋店Annex 柳澤


★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★(2015年10月1日現在の価格になります)
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年12月01日
マッサージベッド張替・修理事例集(14)ワイヤー修理も承ります

ブログをご覧の皆さんこんにちは!
今日はマッサージベッドのリペアに関して、新たな一歩をご紹介いたします!

先日ご依頼をいただいたのは、マッサージベッドの“ワイヤー”の修理でした!
マッサージベッドの劣化はまず一番にどこから来るかと言うと、ご存じの通りビニールレザーから。
そして次に来るのが、実はワイヤーなのです。
ワイヤーも金属疲労を起こしますから、いつかは劣化するのです。

CIMG0442.jpg
 こちらの写真は実際のワイヤーの状態です。

 ブツッと千切れていますね。

 切れた瞬間がお客様が乗っていた時でなくて
 本当に良かったです。




ご依頼のベッドは廃盤になったマッサージベッドで、ワイヤーの取り寄せが困難なベッドでした。
そこで、ラベンダーヒルのなんでも屋さん・増子社長が立ち上がりました!
ホームセンターでワイヤーを買ってきて、かしめれば出来る!とのことで、
ワイヤーと“かしめ器”を買ってきました♪

CIMG0443.jpg


 写真左の赤いのが“かしめ器”です。

 右下がかしめる時に使う“スリーブ”という金具です。

 剥きだしにしたワイヤーにこの金具をはめて、
 かしめ器でグッとかしめます。

 ちなみに、このかしめ器はワイヤーの切断にも使えます。




CIMG0445.jpg


 スリーブの断面です。
 ワイヤーの直径によって、スリーブの穴のサイズも
 異なりますので、ご注意ください。






それではそれでは、早速その工程をご紹介いたしますね♪


CIMG0448.jpg
 まず最初に使う道具ですが、このような工具が
 あると、とても便利です!

 左:六角レンチ

 中央:スパナ

 右:プラスドライバー


CIMG0447.jpg


 作業がしやすいように、マッサージベッドを
 横に倒します。






CIMG0449.jpg

 次に、ワイヤーの結合部にあるいくつかの部品を
 外しますが、後々また部品を組み立てる際に
 順番がわからなくなってしまうのを防ぐために
 写真を撮っておきます。
 (最終的に、これを参考に元に戻します。)




CIMG0451.jpg


 ナットを六角レンチで固定しながら、
 反対側のねじをドライバーで緩めていきます。

 白い輪っかがワッシャーという部品です。




CIMG0461.jpg


 この滑車のような部品はベアリングという部品です。
 ベアリングはホームセンターで売っていなかったため、
 前のものをそのまま再利用します。
 ワッシャーも前のものを使用します。




CIMG0459_1.jpg

 ワイヤーをベアリングから外します。
 このベアリングはプラスチックでできているため、
 傷つけないようニッパーでワイヤーを少しずつ
 切っていきます。

※この際、指を怪我しないよう気を付けてください



CIMG0462.jpg
 一度、おおよその長さの見当をつけてから
 カッターで周りのビニールを切り離します。

 最初に行う片側は特に厳密に量る必要はなく、
 少し長めに見ておくといいです。

 問題は反対側ですが、この時は張り具合や
 長さをよく測って決めるとうまくいきます。


CIMG0463.jpg

 ビニールを切った状態で、試しに通してみます。


 これで大丈夫そうであれば、いよいよ
 かしめ器の出番です♪




CIMG0464.jpg

 ※二人がかりで行ったため、かしめている
 ところの写真はありません。。


 これがかしめた後の状態です!
 ワイヤーがガッチリと固定されています♪



CIMG0469.jpg
 反対側のワイヤーの長さを決めて、
 かしめて終了です♪

 少しでも長さが異なったり、張り具合が変わって
 しまうと、ベッドが安定しなくなるので
 お気をつけくださいね。

 ベッドに乗って最終チェックで完成です!


CIMG0472.jpg
 出演者(使用した工具たち・・・)左から

 スパナ…ボルトを緩めたりする
 ニッパー…刃がついていて切断が可能
 ペンチ…細かい部分を押さえたりするのに便利
 オレンジ色のは不明です・・・笑
 プラスドライバー、カッター、六角レンチ、
 油性マジックは長さを測った時に目印に使用



お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、実は最初の工程写真は昼間でした!笑
(この日はとても忙しく、ベッドの発送に追われていたのもありますが、)
終わった頃には日が暮れて夜になっていました。

そしてブログに記事にしていて思ったのは、
人生で今日ほど工具や部品について調べた日はないということです。笑
ラベンダーヒルで働いていて工具に詳しくなれるなんて・・・!
ボルトとねじの定義とか、ニッパーとペンチの違いや、ナットとビスの違いなど・・・
新たな発見があり、ブログを書いていてとても面白かったです。

このブログをご覧になって、マッサージベッドのワイヤー修理をお願いしたいという方が
いらっしゃいましたら、ラベンダーヒル店主の増子までお問合せください♪
ものによっては製造が終了していても、部品だけ取り寄せることができるケースもありますので、
お問合せくださいね。

ラベンダーヒル町屋店Annex 柳澤


★マッサージベッドの張替・修理料金表 PDF★(2015年10月1日現在の価格になります)
http://www.lavenderhill-japan.com/Catalog/harikae.pdf



◆ 商品や製品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやスツールの張替のご相談、マッサージベッドやストーンなどのご見学・説明会・お買物をご希望の方は:

ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050)  担当 増子まで
  
http://LavenderHill-Japan.com/


CIMG3850.JPG

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
23件中(1件〜10件を表示しています)   前   |