2012年05月28日
マッサージベッドの素材は何でしょうか
現在一般に流通しているマッサージベッドの素材は、主に3つに分けられます。230115_03M_1.jpg
(一部、構造が違うベッドがございます。)

○躯体部分
○表面レザー
○マットのフォーム

それぞれの素材を詳しく見ていくと

躯体部分は、ベッドの脚とフレームに分けられます。
現在は脚とフレームともに、木製のマッサージベッドが主流になっています。
軽量化されたマッサージベッドですと、フレームや脚がアルミなどの金属になる場合があります。脚がアルミでできているものは、屋外での仕様に適しています。
躯体部分が木製の場合、最高級とされているのが楓の木です。その他、ブナの木や樺の木のものもあります。
木の種類に関してはこちらのブログに詳しく説明されています。→マッサージベッドの木は何の木?

表面レザーは、ポリウレタン(PU)か塩化ビニール(PVC)等の人工皮革です。
ポリウレタンの方が、塩化ビニールよりも柔らかく、手触りがよい物が多いです。本革を使っているマッサージベッドはございません。
一概に人工皮革と言っても、素材の機能性(抗アルコール処理や通気性など)は、その素材の品質によります。この表面レザーの品質が、触り心地やマッサージベッドをずっときれいな状態でお使い頂く上で、大きな違いを生みます。水分とアルコールには弱い性質のものが多いため、お手入れの際注意が必要です。

マットのフォームは、ウレタンです。
ほとんどのマッサージベッドが密度の違うウレタンフォームを2層及び3層に重ねて、よりよい寝心地を実現しています。表面のフォームほど柔らかく、奥にあるものほど硬くなります。各社のフォームの密度が違いますので、層が厚くなるほど感触が良くなるとは限りません。また、密度の高いフォームほど重くなってしまう欠点があります。

2010102912160913592_1.jpgマッサージベッドの素材を難しく分析すると以上のようになります。
しかし、どのベッドも説明よりも、百聞は一見に如かずです。ラベンダーヒルでは東京と大阪の2店舗でマッサージベッドを実際にお試し頂けるショールームを展開しております。また、ショールームにはお越しいただけないお客様には、お電話やメール等でマッサージベッドに関するお問い合わせに対応させていただいております。ご質問等、お気軽にお寄せ下さいませ。


ラベンダーヒル 岡田



logo-3.jpg◆ 商品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやストーンの現物を
ご確認の上、お買物をご希望の方は:

  ラベンダーヒル町屋店Annex (☎03-3810-7050) 2010102912160913592.jpg
  担当: 岡田、増子まで 
  
http://LavenderHill-Japan.com/
  

◆ 大阪でのマッサージベッドなどの現物を見学の上での
お買物、
説明会へのご参加をご希望の方は、ラベンダーヒル大阪天満橋店
(☎06−6920−3183)担当: 角張、楠木までどうぞ♪
 
http://LavenderHill-JWest.com/


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています