2008年09月16日
マッサージベッドの木は何の木?
現在マッサージやトリートメントを行うサロンでは、色々なマッサージベッドが使われています。

マッサージベッドの中には、スポーツマッサージで使われる軽く丈夫なベッドや移動に便利な小型ベッドなども有ります。中でも最も人気なのは、木製のベッドです。

自然派のアロマサロンから、リラクゼーションを目的にしたサロンまで広く使われています。


では、その人気の木製のマッサージベッドにはどのような”木”が使われているのでしょうか。


マッサージベッドに使われてる木の種類は、そのベッドのお値段によって違ってきます。

CIMG4308.JPG最も高級なのは、楓(メープル)です。
楓の木は衝撃に強いく、木目が非
常に美しいので家具や床などによく使われます。メジャーリーグの野球選手がバットに使う素材でもあります。 北米原産で、特に国旗にもなっているカナダからは良質の楓の木が取れるそうです。
マッサージベッドではアメリカのアースライトやカナダのノマドのベッドに使われています。特に、ノマドのベッドにはホワイトメープルといわれる白い木のsapwoodといわれる特に強度のある部分が使われています。


楓以外に良く使われるのは樺(バーチ)です。
樺は加工が容易でツヤのある加工にすると美しく仕上がります。 十分に乾燥させないといけないそうです。アメリカ東部が主な産地です。
マッサージベッドではインナーストレンクスのベッドに使われています。

オーストラリア原産のアウラカリア(雲の木)という木を使ったベッドも有ります。これはライフギア製のベッドに使われています。 




ラベンダーヒルで扱っていますマッサージベッドの木の部分のみを並べてみました。CIMG4302.JPG
上から、ノマドのホワイトメープル
アースライトのメープル
インナーストレンクスのバーチ
ライフギアのアウラカリア
です。

微妙に色が違うのが良くわかりますね。
また、ノマドのベッドの木には高さを調節する穴が多く空いていることが分かります。一人ひとりのセラピストにより合った高さで施術が出来ますね。
また、ノマドのベッドの新品を開けるとプーンと木の香りが漂ってきます。木の香りってとても、リフレッシュにもリラックスにもなっていいですよね。

実際に木の質感の違いをご覧になりたい方は

ラベンダーヒル東京本社 (電話03-3810-7050) 
ラベンダーヒル大阪天満橋店 (電話06-6920-3183)までお気軽にご連絡くださいませ。


詳しいマッサージベッドのご案内はコチラ
ラベンダーヒルのホームページはコチラをご覧くださいませ。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています