2008年11月23日
マッサージベッドの幅はどう選べばいいでしょうか?
現在、とても多くのヒーリングやマッサージが行われています。

アロマセラピー、ホットストーン、リフレクソロジー、フェイシャルエステ、レイキヒーリング、ストーンセラピー、フィトセラピー、整体、カイロプラクティック・・・
と、とても沢山あります。stone.jpg
一つのサロンでも、いくつものメニューを取り入れているところもあります。


それに合わせ、マッサージベッドの種類も大きく広がりました。
それぞれの手技により、一番違うのはベッドの幅ではないでしょうか?
200624_21S.JPG

ベッドの幅の特徴を簡単にまとめました。
(ラベンダーヒルで扱っている高級マッサージベッドのほとんどは、大きさがインチで表記されています。1インチは約2.54センチです。この表にない幅のベッドに関しては、近い数値の欄をご覧下さい。)


インチセンチ一般的な用途クライアント施術者
24インチ60センチ整体・ストレッチ・指圧女性 
26インチ65センチ整体・ストレッチ・指圧女性 
28インチ 71センチアロマ マッサージ全般女性・男性 
30センチ76センチアロマ・ホットストーン・
マッサージ全般
女性・男性155センチ以上
32インチ 81センチアロマ・バリニーズ・
ホットストーン
男性160センチ以上


それでは、細かくそれぞれのベッドの幅による特徴を見ていきましょう。

●24インチのベッドは、トリートメントルームが狭く、置けるベッドの幅に制約がある方にオススメです。
ベッドが細いので身体の大きなクライアントがベッドの上で寝返りをするのは、狭すぎることがあるでしょう。ただストレッチや整体など、クライアントに身体に近く施術をするのであれば、お勧めです。
ベッドにアームレストをつけられるベッドなら、腕の部分のみ、幅広くなるので安心です。移動して、施術をする方には持ち運びやすいでしょう。

●26インチのベッドは、移動して施術をする方にはとても人気です。20080814180155.jpg
24インチよりも、クライアントにとっては安心感があり、かつコンパクトなので施術者にとってもらくです。小柄な女性のクライアントでしたら、問題なく施術ができるでしょう。腕のところに、アームレストをつけられるベッドなら、クライアントにも安心感があります。

●28インチのベッドは、小柄な女性セラピストにオススメです。
ベッドの幅が広すぎず、ベッドの反対側にも手が届き安いので、セラピストの身体に負担がかかりにくいのが特徴です。通常のアロマテラピーなどのトリートメントが可能で、平均的な体型の男性クライアントでしたら、トリートメントに問題はありません。

●30インチの幅のベッドは最も一般的なサイズです。多くのサロンで使われているサイズで、一番使い易いでしょう。このサイズのベッドが最もよく流通しています。
アロマスクールに通い出した生徒さんにとっても、このベッドに慣れれば、今後色々なベッドが使い易いと思います。
幅に悩んだら、この幅が一番無難です。
CIMG4111.JPG
●32インチの幅のベッドは、クライアントにとっては安心感があります。
しかし、小柄なセラピストにとっては大きすぎて、施術がしにくいことがあります。
セラピストがベッドに乗る施術がある場合は、このサイズがオススメです。大柄な男性クライアントの施術も安心です。

以上は、マッサージベッドの幅による特徴です。あくまでも、これは一般的なもので、全てのことに該当することではありません。
マッサージベッド選びのポイントは、「百聞一見にしかず」です。

実際にご覧頂くのが一番ですので、お近くにお住まいの方は是非、マッサージベッドの幅に迷う前にラベンダーヒルまでお越しくださいませ。

ご注文、お問合わせ、現物の見学をご希望の方は、blogtop.jpg

◆ ラベンダーヒル東京本社 (☎03-3810-7050) 担当: 尾山、岡田、増子
までお気軽にご連絡下さい!
  http
://LavenderHill-Japan.com/

◆ 大阪でのマッサージベッドなどの現物の見学をご希望の方は、ラベンダーヒル大阪天満橋店  担当: 角張、楠木
(☎06−6920−3183)
までどうぞ♪ 
http://LavenderHill-JWest.com/ 

◆ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。banner_02.gif

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています