2009年07月01日
ヘッドレストは色々あるけど、それぞれどう違うの??
NomaDInstant21.jpg日々、色々なテクノロジーが進歩しています。
それと、同時にエステベッドも日に日に進化しています。

現在では色々なエステベッドと、それに附属するヘッドレストが販売されています。
今日は、そのヘッドレストについてよく寄せられます疑問にお応えします。

Q. ヘッドレストは色々あるけど、それぞれどう違うの??

現在、マッサージベッド最大手のアースライト社製のエステベッドについてくるヘッドレストは下の写真の4タイプです。
CIMG6413.jpgCIMG6411.jpg


右に行けばいく程、最新型のヘッドレスト(フェイスクレイドルとも呼ばれます)になります。

左の写真、左側から、
クレッセントヘッドレスト(木製の土台とクッション込み)、8,000円(税込み)
デラックスアジャスタブルヘッドレスト(土台とクッション込み)、15,000円(税込み)

右の写真、左側から
フレックスレスト(土台とクッション込み)、17,000円(税込み)
カレスフェイスクレイドル(土台とクッション込み)、19,000円(税込み)です。
CIMG6416.jpg
右の写真の2タイプはヘッドレストがクライアントの頭の形に合わせて、形を変えるようになっています。また、この2タイプのヘッドレストには写真右の低反発(メモリーフォーム)のクッションがついてきます。

それぞれ、クッションのみの販売も可能です。
左側の写真のヘッドレストに使われるクレセントクッションは5,000円(税込み)
右側の写真のヘッドレストに使われるメモリーフォームクッションは7,000円(税込み)
です。

根強く人気があるのは、木製のヘッドレストフレームです。
余り仰々しくならず、施術中に抜き差ししても、余り負担にはなりません。


CIMG6420.jpgヘッドレストのクッションの進化形は、ラベンダーヒルイチオシのノマド社製VISCOヘッドレストクッションです。

これは、NASAで開発された特別なクッションを使っています。
これはほかのクッションとは違う製法で作られていて、ふんわりと厚みがあって、クライアントの顔を優しくカバーしてくれます。

最高級のBRISAレザーを使ったヘッドレストクッションはこれ1つで24,000円(税込み)です。
ちょっと贅沢なクッションですが、これ1つであなたのベッドが最高級ベッドに早変わりします。CIMG6423.jpg


右の写真をご覧下さい。
一番右がアースライト社製の最新のヘッドレストカレスです。

その左がノマドのVISCOクッション、
真ん中がアースライトのクレッセントクッション、
左がアースライトのフレックスレストクッションです。


これらのヘッドレストが、現在のエステベッドのヘッドレストの究極の最新形と言えるでしょう。
バラでの販売も致しております。今お持ちのエステベッド、マッサージベッドに使うことも出来ると思います。(詳しくはラベンダーヒルのスタッフにお尋ね下さい。)

これらのヘッドレストをお試し希望の方は
お気軽にラベンダーヒル東京本社・町屋店Annex(別館)、大阪天満橋店にご連絡下さいませ。

 

◆ 商品のご注文、お問合わせ、マッサージベッドやストーンの現物を確認の上、お買物をご希望の方は:
  ラベンダーヒル東京本社 (☎03-3810-7050) 2009042018311226255.jpg
  担当: 尾山、岡田、増子まで 
  
http://LavenderHill-Japan.com/
  

◆ 大阪でのマッサージベッドなどの現物を確認の上でのお買物をご希望の方は、ラベンダーヒル大阪天満橋店
 (☎06−6920−3183)担当: 角張、楠木までどうぞ♪
 
http://LavenderHill-JWest.com/

 


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています